• TOP
神戸で会社設立する際のおすすめランキング
会社設立神戸 > 会社設立

会社設立

会社設立に用意するもの

会社設立の準備で考えること 会社を設立する上で、まずは考えておかなければならないことがいくつかあります。 それが、会社名(商号)、事業目的、所在地についてです。 会社名は、これからずっとついて回る名前です。 一言で、どのような会社なのか、印象付けることができるぴったりの名前を決めましょう。 また、事業目的も一言で、会社のすべてを表すとても大切な事です。 どうして会社を設立するのか、この会社は何のた...続きを読む

会社設立に必要な費用

会社設立に必要な費用と資本金 会社を設立するために、資本金の額を決める必要があります。 2006年に改訂された新会社法により、株式会社の資本金の最低額が1円に変更されました。 以前は、1000万円以上だったことから考えると、随分手軽に株式会社が設立できるようになったと言えますね。 法的に見れば、1円でも会社の設立ができます。 しかし、現実的に見れば、最低でも数十万円の費用が必要になります。 資本金...続きを読む

会社設立と資本金

会社設立に必要な資本金とは 資本金とは、会社の事業をスタートさせるにあたって必要な費用になります。 スタート時にもっている財産で、この資金を元に会社を運営し、利益を生んでいきます。 つまり、この金額は、会社の規模や影響力を表すのに大切な金額です。 2006年に改訂された新会社法から、最低資本金制度がなくなりました。 現在では、資本金がいくらであっても株式会社を設立することができます。 ただし、資本...続きを読む

会社設立と登記

会社設立と登記とは 会社登記とは、会社を設立する手続の事です。 法務局に必要な書類を提出することで、商業登記をすることができます。 また、会社の設立した日は、法務局へ登記を申請した日です。 後あとにも残る日になるので、日取りのいい日に登記したい人は、その日に登録できるように書類を集める必要があります。 記念日や月初め、大安など、カレンダーと相談をして決めてくださいね。 また、商業登記には定められた...続きを読む

会社設立の手順

会社設立に必要な知識の助成金とは? 会社を設立する上で、「助成金」についての知識が必要です。 そもそも、助成金と言うのは、国や公的機関から支給している公的なお金です。 通常は、厚生労働省か経済産業省から出ているお金になります。 この金員は、基本的に融資や貸し付けと言う名目ではないため、1円の返済義務もありません。 会社を立ち上げるとなると多額の費用が掛かります。 この時に、サポートしてもらえるお金...続きを読む

会社設立と助成金

会社設立に必要な知識の助成金とは? 会社を設立する上で、「助成金」についての知識が必要です。 そもそも、助成金と言うのは、国や公的機関から支給している公的なお金です。 通常は、厚生労働省か経済産業省から出ているお金になります。 この金員は、基本的に融資や貸し付けと言う名目ではないため、1円の返済義務もありません。 会社を立ち上げるとなると多額の費用が掛かります。 この時に、サポートしてもらえるお金...続きを読む

会社設立と印鑑

会社設立するなら印鑑は必需品 会社設立をするのなら、印鑑は絶対に必需品です。 海外では印鑑がひつようでないことがおおいですが、日本で会社を経営する限り、必要最低限のアイテムと言えます。 会社の印鑑と言うのは初期の時点で絶対に作らなければならないものです。 どのような会社であっても、必ず会社の印鑑を最低でも1つ必要になります。 印鑑を作らなければ、会社を立ち上げることは出来ません。 起業すれば、最低...続きを読む

会社設立の売上目安

会社設立の売上目安について 会社を設立して収益を上げることを考える際には売上目安の方も意識するようにし、きちんとした経営を続ける必要があります。 売上目安を理解することで何時頃から会社法人に変えれば良いのか判断出来るようになりますから、こうした点を意識することは大切です。 基本的には500万円以上の収益を得ることが出来た際には個人ではなく法人と変えた方が良いことが多いので、定期的に利益をチェックし...続きを読む

会社設立と縁起

会社設立と縁起について 会社設立を始めたい時は縁起のことも考えるようにし、最も良い時期に作るのが基本となります。 縁起には戦勝から赤口といった6種類のものがあり、それぞれ特徴がありますからこうした点を理解しなくてはいけないのです。 例えば戦勝は急ぐことは吉で訴訟に用いても良い結果が得られるといった意味がありますし、午前は運気が上がるといった意味合いもある為迅速な行動を求められる際にこの日が選ばれる...続きを読む

会社設立の相談するなら

会社設立の相談を始める際には 本格的に会社設立の相談を始めたいと考えている時は、専門の会社に連絡を入れるようにするのが良いです。 専門の会社では連絡を入れることで会社設立に欠かせない代表印・個人実印・個人印鑑証明書といったものを全て用意してくれますし、用意した書類に印鑑を押すことで正式に登記申請の依頼を出せるので一度も作った経験がない方でも問題はありません。 また会社設立を担当する専門社ではオフィ...続きを読む

1 / 3123

税理士ランキング

神戸すえひろ税理士法人

日本政策金融公庫神戸支店の取扱件数
4年連続NO.1

設立は2002年で、司法書士、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士など、それぞれの分野の専門家との連携が抜群の税理士法人です。 融資関係と会社設立に強い事務所で、創業融資、追加、借換融資等のあらゆる融資に対応してもらえる上に、手数料は一切かからないと言い切っているので安心です。
クライアントのほとんどが、既存顧客のご紹介とのこと。法人・個人を問わず、多くの経営者からの信頼が厚いと言えるでしょう。

ココがポイント!!
  • 専門家が集まった神戸のスペシャリスト集団!
  • どのような問題でも解決に導いてくれると評判!
  • リピーターか紹介のお客さんが多い信頼できる税理士事務所!
税務顧問料(記帳代行込) 月額9,600円~
※会社設立を実質0円で設立届出書の作成、提出まで対応
サービス内容 融資相談/会社設立/税務顧問/決算業務/税務調査
事務所所在地 神戸市中央区磯上通八丁目3番10号井門三宮ビル12階
電話 078-252-8885
営業時間 月曜日~日曜日 9:00~17:00(土・日・祝日は原則として予約制)

詳細はこちらから

濱田会計事務所

濱田会計事務所はコミュニケーションを大切にする事務所です。また、税務のみならず会計・経営全般にわたるアドバイスが可能なので企業の強い味方となってくれますよ。

税務顧問料(初年度のみ) 月額8,000円〜
記帳代行3,000円~
サービス内容 資金調達/会社設立/税務顧問/決算業務/
事務所所在地 神戸市中央区御幸通4-1-10YAYA BLD4F
電話 078-855-8655
営業時間 平日 9:00~18:00(土日でも電話対応はOK)

阪本和穂税理士事務所

阪本和穂税理士事務所は中小企業・個人事業主の方におすすめの神戸にある税理士事務所です。親切、丁寧で、人柄が良いと評判の税理士です。

中小企業向けサービスコース 月額21,600円~
サービス内容 法人税/会社設立/税務顧問/相続税/経営計画
事務所所在地 神戸市中央区海岸通1-2-19 東洋ビル402号
電話 078-393-2246
営業時間 9:00~24:00(365日受付中)

会社設立に役立つ知識

会社を設立したら

会社設立のよくある質問